ウイルス対策、肺疾患に、COPDや動脈硬化の予防に酸素濃縮器CFOC-F | ヘルスリテ

shenpix 酸素濃縮器CFOC-F(酸素サーバー)

緊 急 謹 告
コロナウイルスに限らずインフルエンザ他あらゆる生活習慣病の予防や治療に最後はその人が持つ免疫力や自然治癒力が分水嶺となります。同じコロナウイルスに罹患しても軽く済む人と重症化する人がいるのは偏にこの差です。東洋医学的な物理療法は免疫力や自然治癒力を高める療法です。誰でも細胞それぞれの働きを活性化し、神経の働きを正常に保ち、低体温の人が体温を高めれば免疫力が数倍高まるのは医学の常識です。
ご家庭に居ながらセルフケアできるヘルスリテ紹介の物理療法機器をぜひお役立てください。

 

高濃度(最大95.5%)酸素を毎分5リットル供給できます。

医療用と同等の能力を持った機種です。

 

疲労感、倦怠感、いつもすっきりしない方へ

現代人の日常的な酸素不足を解消して心身をリフレッシュ、生命力をアップ

shenpix 酸素サーバー酸素濃縮器CFOC-Fの製品紹介


shenpix 酸素サーバー 酸素濃縮器CFOC-Fの価格:178,200円(税込)で販売中。
各社クレジットカード会社の分割払いにも対応しております

 
効果的な吸引には専用酸素マスクまたはカニューレをご使用ください。カニューレは毎分2L以下の流量でご使用ください。
1回の使用時間を20~60分で効果を出すためには毎分流量5Lで80~90%の濃度を維持できる機種をお選びください。この時は専用酸素マスクをご使用ください。
酸素濃縮器CFOC-Fにのみ付属する専用酸素マスク(CO2 Free Mask)は呼気を再吸引しないため効果的に気持ちよく高濃度酸素を吸引出来ます。
専用アロマシリンダー、プレゼント中
高濃度酸素と共に様々なアロマの相乗効果を期待できます。


健康管理、病気予防、感染症対策は40~60兆個の細胞を酸欠にしない事が「基本中の基本」です。


足腰が悪く、また多忙で毎日有酸素運動の出来ない方、息切れしやすい方、今から高濃度酸素サーバーをご活用下さい。


酸素摂取量の低下を濃度でカバー、細胞を酸欠から護る

「高濃度酸素サーバー」



日本、EU28ヶ国、アメリカ他の特許を持つ付属の酸素マスクは吸気(酸素)呼気(高濃度の二酸化炭素を含む)をマスク内部で分離し呼気をマスク外に排出するため気持ちよく効果的に酸素を吸引できます。
●大気中の約78%を占める窒素を除いて酸素だけを回収し、酸素が約98%の気体を生成する装置
●酸素は単体で燃焼や爆発はしません
●原料は大気で無料です

※shenpix高濃度酸素サーバー(酸素濃縮器CFOC-F)は90%以上の濃度の酸素を1分間5ℓ生成します。しかし、実際に吸引する時は酸素マスク内で21%濃度の大気と混ざります。結果的に実際吸引する酸素濃度(fiO2)は45%位になります。
かつ吸引時間も数十分間で医療の高濃度・長時間吸引とは異なり弊害もないと言う訳です。
また、FiO2を45%くらいに維持しないと高濃度酸素の効果を期待できず、そのためにshenpix高濃度酸素サーバーは90%以上の高濃度酸素を毎分5ℓ生成する能力を持っています。


新型コロナウイルス、蔓延するインフルエンザ、増加する肺炎(死因第3位)
高齢化社会にあって日常的な高濃度酸素の吸引はこの時代を生き抜く人類の知恵ではないでしょうか

酸素の役割(医学書での周知の事実)

--酸素不足で生命力低下--
栄養素の消化吸収、代謝、神経の情報伝達、ホルモンの作用、遺伝子の合成、タンパク質の合成、細胞の増殖、記憶、思考などの全ての生命現象は化学反応によって行われ、その「主役が酸素」です。腎臓は血液から不要物を取り除いて尿を作る臓器でその作業のためにたくさんの酸素を使います。アルコール、食品添加物、残留農薬、毒などの異物は肝臓で分解されますが、この化学反応にも大量の酸素を使います。脳は摂取した酸素の25%を使用して生命活動をコントロールしています。酸素を素にした活性酸素は免疫に不可欠です。

高濃度酸素サーバー

大気中にある酸素を4倍近い濃度の酸素に濃縮します。
高濃度酸素の摂取はお体の酸素不足の解消に即効性を発揮します。

いつも何となく疲れている、頭がスッキリしないなどの原因の一つに酸素不足が考えられます。
これも、酸素不足です。
二日酔いも酸素不足です、風邪やインフルエンザなどの時の疲れ、だるさも酸素不足の症状です。お酒を多く飲むとアルコール(人体には異物の毒)を分解するため大量の酸素を消耗し人体の細胞が酸素不足の状態になっています。ウイルスが体内に侵入するとこのウイルスを殺すため、大量の酸素が活性酸素になり通常の細胞が酸素不足になります。こんな時、高濃度酸素を30分ほど吸入すれば全身の細胞の酸素状態が正常化しエネルギーを産生し始めますので疲労感、頭が重いなどは間もなく解消します。
生物の生命活動は全て酸素を利用した化学反応です。酸素不足の化学反応は不健康です。

呼気(二酸化炭素)を再摂取しない特別の酸素マスク「CO2フリーマスク」を使用します。

呼気(二酸化炭素)を再摂取しない「特別の酸素マスク」鼻部分と口部分の間に仕切り
呼気(二酸化炭素)を再摂取しない「特別の酸素マスク」マスク下部を開放

弊社グループが開発した世界初の酸素マスクです。吸気(酸素)と呼気(二酸化炭素)がマスク内で混ざらないように鼻部分と口部分の間に仕切りを設けています。さらにマスク下部を開放し呼気を排気しやすい設計となっています。

※shenpix 酸素濃縮器CFOC-Fの製造、アフターサービスについて
世界中で使用される酸素濃縮器(医療用を含め)はほぼ全数が中国で生産されています。ヘルスリテが販売する酸素濃縮器CFOC-Fは弊社グループの医療機器製造・輸入会社が中国の医療機器メーカー(上場企業)から半完成品の状態で輸入し、群馬県前橋市の医療機器工場で品質チェックを行い完成品にして出荷しています。従って万一の故障などアフターサービスはこの工場で行いますのでご安心してご使用いただけます。
一般家庭における使用で製造上の過失がある場合、本体の故障は年間保証します。万一の故障時は代替器を送り故障器を回収し前橋工場で敏速に修理、機器の回収、返送費用も負担します

酸素濃縮器の価格と酸素の濃度、流量、使用時間、効果の関係

医療では一般的に濃度100%の純酸素を8~24時間、連続して入院患者に投与します。この時の流量はおよそ毎分2Lです。流量2Lで効果を得るためには時間を要するということです。
「流量1~2Lで濃度90%の機種」(流通価格10万円以下、重量8㎏以下)は家庭で寝たきりの人や常時吸引している人のパーソナル用といえます。
「流量5Lで濃度90%の機種」(流通価格17万円以上、重量24㎏前後)は一回20~60分の使用で一定の効果を得られます。ご家族で交代の使用が可能です。一回20~60分の使用を間隔を置いて朝夕、昼、就寝前など同日に繰り返すことはより効果的です。
用途にあった機種をお選びください。

ウイルス 免疫 活性酸素
WHOが新型コロナウイルス重症患者の病状の進行を抑える主な治療介入として高濃度の酸素を吸入させる酸素療法があると指摘。
厚生労働省健康情報サイト 活性酸素は、体内の免疫機能や感染予防の重要な役割を担う。
生物試料分析「酸化ストレスと健康」
詳しくはこちらをクリック

要注意! 愛煙家の皆様へ

喫煙男性写真
タバコ灰皿画像
タバコ煙画像
推定530万人のCOPD患者様(日本呼吸器学ウェブより)
喫煙や有害物質を長期に吸入することで生じた肺の炎症性疾患で中高年に発症する生活習慣病で「慢性閉塞性肺疾患」をCOPDと言います。40歳以上の人口の8.6%、530万人の患者が存在すると推定されており、大多数が未診断、未治療の状態で男性では死亡原因の7位を占めています。酸素の取り込みや二酸化炭素を排出する機能が低下し、酸素不足によりいろんな病気の原因にもなります。
心当たりのある方には今すぐ高濃度酸素の摂取で酸素不足を補うことをお勧めします。
10分、15分のテレビを見たりスマホやパソコンを使用しながらの時間を有効に使って手軽に吸入出来ます。時間に制限はありません。ご自分の状態に合わせて時間や頻度を決めてください。

shenpix 酸素濃縮器CFOC-Fのご紹介
shenpix 酸素濃縮器CFOC-Fのご紹介

今のお体に対するケアが20年後の健康状態を左右することが医学的にわかっています

かけがえのない、一生のパートナー、いとおしいお体の細胞ひとつ一つをおいたわり下さい

在宅酸素療法

COPDが悪化すれば医療保険の適用(自己負担:毎月7,000~8,000円)を受けて常に濃縮酸素を吸入しなければ日常の生活が出来なくなります。

酸素不足になりやすい現代人の生活。

年間摂取量4~7㎏と言われる各種の食品添加物をはじめお酒、薬、残留農薬など現代人が避けることのできない毒素(体にとって異物)の分解のために日々大量の酸素が消費されています。
ストレス女性画像
ストレスや緊張で
呼吸が浅く酸素摂取量が低下。
世界一、薬が好きで大量の薬を服用している日本人、ほとんどの薬は交感神経を刺激するため血管が収縮し血流が悪くなり全身の酸素不足状態をまねきます。
女性に多い鉄分不足。
貧血女性画像

睡眠時の無呼吸症候群。
そして加齢にともなう呼吸器系機能低下による酸素摂取量の低下です。

酸素消費量の増加と摂取量の低下を簡単に確実に補う方法が高濃度酸素の摂取です。

酸素不足の不完全な化学反応は不健康です。

生物は食物から栄養素をとり、食物を分解して得た水素と呼吸で得た酸素を細胞内で化学反応させてエネルギーを得ています。生命活動は酸素を使った化学反応そのものです。
酸素不足と病気の関係が明らかになっています。
例えば腫瘍はちょうど良い低酸素状態で活気づく。
頭痛は低酸素状態あるいは二酸化炭素濃度高値の状態で引き起こされる。
酸素は血行を良くして動脈硬化を予防する。
高血圧の予防と改善に酸素は著しい効果がある
などです。

詳しくは資料の「酸素の一般知識と誤解」をご参照下さい。

ここで、ご注意です。酸素は正しい方法で吸入してください。

間違っていた酸素バーの酸素吸入方法。

一時、酸素バーという酸素を吸えるサロンが流行りましたがいつのまにか廃れました。また、酸素缶も大手コンビニエンスストアで販売されましたが今はあまり見かけません。
何故?おそらく効果を感じられなかったからだと思われます。理由は酸素の吸入方法が全くでたらめだったからです。今でもそのでたらめな吸入方法が紹介されています。

酸素を含め全ての高濃度の気体は拡散し濃度は一瞬に低下します。酸素バーでは見てくれが良いからとか酸素マスクが不要ということで最も拡散しやすいノズルを使用したため高濃度ではなく普通の濃度の酸素を吸入させていたのです。これでは効果はありません。某大手家電メーカーも以前この様な吸入方法の酸素濃縮器をTVで宣伝し、よく売れましたが間もなく販売を中止しました。

酸素マスクとカニューレ

高濃度の酸素を吸入するには口と鼻を覆う酸素マスクか、鼻に細く短いチューブを差し込むカニューレという付属品を使います。
カニューレは鼻の粘膜を傷める可能性があるため毎分多くの流量の酸素を送り込めませんが濃度的には問題のない吸入方法です。

カニューレカニューレ
カニューレ装着イメージ

問題のある酸素マスク

医療用、非医療用を問わず世界中で使用されている酸素マスクは鼻と口を一体的に覆うため吸気である酸素と高濃度の二酸化炭素を含む呼気がマスク内で混ざり、この呼気のかなりの部分を再吸入しているわけです。正確に言えば酸素と高濃度の二酸化炭素の混合ガスを吸入していることになります。医療用酸素マスクの使用上の注意にこのことは明記されています。ちなみに呼気に含まれる二酸化炭素の濃度は30,000ppm ほどでこれは通常大気の二酸化炭素400ppmの75倍です。しかし、この呼気もすぐ拡散し濃度は薄まり実際に再吸入しているときの二酸化炭素はおよそ3,000ppmですがそれでも通常の7倍以上の濃度の二酸化炭素を吸入することになります。厚生労働省は建築物環境衛生管理基準で建物内の二酸化炭素を1,000ppm以下に保つように指導していますから3,000ppmは問題のある濃度と言えます。そのため最近、呼気を拡散しやすい酸素マスクが徐々にですが医療の分野で使われ始めています。

鼻(吸気・酸素)と口(呼気・二酸化炭素)を一体的に覆う従来の酸素マスク
鼻(吸気・酸素)と口(呼気・二酸化炭素)を一体的に覆う従来の酸素マスク
酸素マスク比較

弊社は独自開発の呼気(二酸化炭素)を再吸入しない酸素マスクを使用します。

酸素マスクの問題点に早くから気付いていた弊社グループでは吸気(酸素)と呼気(二酸化炭素)が混ざらない構造の酸素マスクを開発して医療機器の認証も得て世界的に普及させる準備をしています。(日本、アメリカ、EU28ケ国、カナダ、オーストラリア、中国、韓国、台湾で形状の意匠登録済)

このマスク、実は簡単な構造で酸素を吸う鼻と、呼気を出す口の間に仕切りを設け吸気と呼気が混ざりにくい構造にしました。そしてマスク下部を開放して呼気をマスク外に排出しやすくしたのです。口部分の両側にはカバーを設け呼気の湿気を利用して唇が乾かないように配慮しています。

マスクイメージ
呼気(二酸化炭素)を再摂取しない「特別の酸素マスク」

この酸素マスクを使用し深呼吸するように鼻から酸素を吸い、口で呼気をマス外に吐き出すのです。これで非常に気持ちよく高濃度酸素を吸入できるだけでなく、高濃度の酸素がマスク内で拡散しにくいため高濃度を維持しさらに二酸化炭素が混ざっていないため酸素の効果も高まります。

もう一つの特徴(形状意匠登録済)

従来の酸素マスクはなぜかマスク内上部方向に酸素を送り込んでいます。これではマスク上部から酸素が外に漏れて目を刺激します。それを防ぐにはマスクをきつく顔に密着させなければならず不快感を伴います。

上部ではなく横に吹き出し口を設けた新型コネクター

マスク従来
マスク装着イメージ

弊社は酸素を吸う鼻の方向に酸素を送り込みます。マスクをきつく顔に密着させる必要はなく快適に酸素マスクを装着して気持ちよく酸素を吸入し、元気を回復出来ます。
また、酸素を吸入しながらPCやスマホで仕事をしたり、マスク下部が解放されているので会話も普通に出来ます。

脳に効く高濃度酸素

脳は酸素と糖だけで働いています。
摂取した酸素全量の25%を脳は消耗しています。
記憶や思考も酸素を利用した化学反応です。
脳活性化ポスター
酸素サーバー 酸素濃縮器CFOC-Fの価格:178,200円(税込)で販売中。
各社クレジットカード会社の分割払いにも対応しております

 

酸素は毒??

ジキルとハイドな酸素

言うまでもなく人間は酸素無しでは片時も生きていられません。酸素不足では
①細胞がエネルギーをつくる過程の電子伝達系から漏れた電子が酸素と反応して過剰の活性酸素を産生
②各種臓器における炎症を惹起する
など多くの問題が発生します。適切な高濃度酸素投与はこれらの問題解決となります。
一方近年、医療において高濃度酸素投与の弊害が指摘されています。
医療現場での弊害とは
①実際に吸引する濃度(FiO2)60%~100%の高濃度酸素投与
②十数時間を超える長時間の投与
③人工呼吸器を付けての高濃度酸素投与
④救急医療の高濃度酸素投与
などで発生する可能性のあることが指摘されています。
したがって医療的な高濃度酸素吸引は必ず医師の指導の下に行ってください。

弊社がご提案する高濃度酸素吸引は医療以前の酸素不足に対応します。

したがって実際に吸引する酸素濃度(FiO2)は40%前後、短時間(10~60分)の吸引。1日に何度か繰り返すことは問題ありません。
高濃度酸素吸引の弊害を引き起こすレベルには該当しません。

ご参照

shenpix高濃度酸素サーバー(酸素濃縮器CFOC-F)は90%以上の濃度の酸素を1分間5ℓ生成します。しかし、実際に吸引する時は酸素マスク内で21%濃度の大気と混ざります。結果的に実際に吸引する酸素濃度(FiO2)は40%位になります。かつ吸引時間も数十分間で医療の高濃度、長時間吸引とは異なり弊害もないというわけです。
また、FiO2を40%くらいに維持しないと高濃度酸素の効果を期待できず、そのためにshenpix高濃度酸素サーバーは90%以上の高濃度酸素を毎分5ℓ生成する能力を持っています。

 

緊 急 謹 告
コロナウイルスに限らずインフルエンザ他あらゆる生活習慣病の予防や治療に最後はその人が持つ免疫力や自然治癒力が分水嶺となります。同じコロナウイルスに罹患しても軽く済む人と重症化する人がいるのは偏にこの差です。東洋医学的な物理療法は免疫力や自然治癒力を高める療法です。誰でも細胞それぞれの働きを活性化し、神経の働きを正常に保ち、低体温の人が体温を高めれば免疫力が数倍高まるのは医学の常識です。
ご家庭に居ながらセルフケアできるヘルスリテ紹介の物理療法機器をぜひお役立てください。

 

使用方法

マスクを本体に接続して、本体スイッチを入れるだけで簡単に使えます。
酸素濃縮機

製品仕様

酸素流量 毎分1~5リットル
濃縮酸素濃度 95.5%~87%
最大出力圧力 45kPa ± 4.5kPa
使用耐用時間 8000時間
騒音 55dB (A) 以下
電源 AC100V 50/60Hz
消費電力 400VA (500W)
本体重量 26.5㎏
本体サイズ 高さ71.2㎝ × 幅28.5㎝ × 奥行54.5㎝
付属品 酸素マスク CO2フリーマスク×2
保証期間 3年間

詳しい仕様と取り扱い説明はこちら

トップページに戻る