肩こりの解消、首のこりの解消、疲労回復に温熱療法の温熱指圧代用器P590 | ヘルスリテ

温熱式指圧代用器 コンパクトP590

首、肩、背中、腰の凝りのある方へ

温熱式指圧代用器コンパクトP590の製品紹介

温熱式指圧代用器コンパクトP590の製品ご購入

温熱式指圧代用器コンパクトP590の製品ご購入

温熱式指圧代用器コンパクトP590の価格: 88,560円(税込)
リテポイントを使用してお得に購入できます
ご家族で、毎月のマッサージ代などが不要になるとお考えください
各社クレジットカード会社の分割払いにも対応しております

いつもコリッコリの皆様に朗報をお届けします。

首、肩、背中、腰の凝りをご自宅に居ながら、
好きな時すぐに素晴らしい「温熱指圧」の「即効性で解消」します

温熱式指圧代用器 コンパクトP590
医療機器認証番号:227ADBZX00148000
マッサージ器ではありません。東洋医学の温熱療法と指圧療法を合わせて行う認証医療機器です。

認証医療効果:温熱効果、指圧代用効果
  1. 疲労回復
  2. 血行を良くする
  3. 筋肉の疲れを取る
  4. 筋肉の凝りをほぐす
  5. 神経痛、筋肉痛の緩解
  6. 胃腸の働きを活発にする

ご参照:専用付属品のスペシャルマットを使用して下半身局部を温めることが出来ます。
前立腺肥大、痔、一部の婦人病対策として局部を温めることが有効と言われています。




ご自宅に「指の熱い指圧師」を常時待機させているような贅沢をご想像してください。
あったかい感じの手

温熱式指圧代用器コンパクトP590は、導子(体に当てる9球と3球からなる付属品)を温め遠赤外線を放射させるためにピンポン玉くらいの天然のヒスイ球をくりぬいて特殊なヒーターで温めています。
その理由は

  1. 遠赤外線は生体組織での「吸収」が大きく皮膚表面での反射率も小さく加温の「効率」が高い。
  2. 遠赤外線は照射光量のほとんどすべてが生体組織の表層部分で吸収されて熱になり、この熱が抹消血流および熱伝導により深部に伝播していく。
  3. (人間と歴史社『実用遠赤外線』より)
そして適度に熱いヒスイ球の指圧効果と相まって素晴らしい「温熱指圧効果」を発揮します。
ご家族全員で使えて長期間のお出かけには持ち歩くことが可能な温熱式指圧代用器コンパクトP590、(またの名を「指の熱い指圧師」と言います)をどうぞご家庭に待機させてください。
温熱式指圧代用機コンパクトP590

温熱式指圧代用機コンパクトP590

東洋医学では「漢方薬⇒鍼⇒お灸」と言います。これは漢方薬で効果がなければ、次は鍼を、それでもダメならお灸を、というように「お灸で患部を温める」ことの医療効果が非常に高いことが知られています。

温熱式指圧代用器コンパクトP590の「温熱指圧」は鍼とお灸と指圧を一体にしたような効果を発揮します。

いつもコリッコリの皆様
首、肩、背中、腰の凝りを我慢したり放置してはいけません。
近年、体について新しい発見が相次いでいます。

首、肩、背中、腰の筋肉の凝りや張は背骨に沿って走っている神経を圧迫します。
脳と全身の器官をつなぐ神経が圧迫を受けると脳と各器官の間の情報交換が正常に出来なくなるということです。例えば脳がホルモンの一種であるインスリンを分泌するように膵臓に指示してもそれが膵臓に届かなければ分泌されないということが起こります。膵臓の機能が正常でも糖尿病の様になってしまいます。

神経は電気的に信号を送ることで情報を伝達していることを考えると圧迫が永く続くと電気信号に影響を与えるということが何となくわかる気がします。
ということで背中辺りの筋肉の疲れをとって気持ち良くなるだけではなく、神経を圧迫から解放すること「神経の情報伝達機能を正常化」することが温熱式指圧代用器コンパクトP590の大事な働きです。
神経の情報伝達機能を正常化

なんと医学界で驚きの発見がありました。(2017年9月30日放映NHKスペシャル「人体 神秘の巨大ネットワーク 腎臓が寿命を決める」)
臓器同士が直接たんぱく質やホルモンという情報伝達物質を血液内に放出しそれを相手の臓器に届けて連携プレイで問題に対処して生命を維持しているということが分かったのです。また、細胞同士も直接情報交換をして連携プレイをしていることが分かったのです。これらの発見は従来の医学を覆すことになるということです。私たちは自分の体の大事な臓器や細胞がこんなに頑張っていることを知って、彼らに苦労かけないよう自分の大切な体をもっともっといたわらなければなりませんね。
首、肩、背中、腰の凝り、嫌な疲れやストレスをその日の内に、ご自宅で待機している「指の熱い指圧師」に解消してもらい、同時に「神経圧迫を開放」しましょう。

目の疲れ、かすみも解消

通常は背に当てる9球導子ですが、そっと目の上に置いて目の周りを温めてください。PC、スマホなどで疲れた目をケアします(注意:目を閉じて目の上にはタオル等を置き、その上に導子を載せてください)。

温熱式指圧代用器コンパクトP590の使い方は非常に簡単です。

使い方の説明

  1. 導子(ピンポン玉くらいのヒスイ球9個、3個からなり体を温め指圧するもの)を温める温度(30~60度)とタイマーを設定するだけです。使用開始5分くらい前に設定し導子を事前に温めます。
  2. 首、肩、背中、腰部分を温熱指圧をするときは9球導子を使います。体重を吸収できる布団、ベッド、マットの上にあおむけになり治療部分の下に9球導子を当ててください。
  3. 適度の時間で導子を少しずつ移動して30cmくらいの範囲を治療すると効果的です。
  4. あおむけで9球導子を使用しながら3球導子で腹部を温めることができます。
  5. 使用中は布団やタオルケットなどをかけて熱を逃がさないように体全体を温めてください。
温熱式指圧代用器コンパクトP590の使い方

天然ヒスイを使った導子について

昔からヒスイ(翡翠)は体に良い影響を与えると言われ装飾石として身に着けたり、装飾品として身近に置いてきました。科学的根拠は十分とは言えませんがヒスイは人体を構成するカルシウムやマグネシウムを多く含んだ鉱物であるため、ヒスイから放射される遠赤外線が人体に向いているという説があります。
徹底的に治療効果にこだわった結果、高価な天然ヒスイをくりぬいて特殊なヒーターで温め導子に使用しています。
ヒーターの寿命は30,000時間。
ご家族で毎日3時間使用し年間で1,000時間使用しても30年間使用できます。(機器全体の耐用年数ではありません。)

天然ヒスイの使用イメージ

製品仕様

製品名 温熱式指圧代用器コンパクトP590
一般的名称 家庭用温熱式指圧代用器
管理医療機器認証番号 227ADBZX000148000
寸法 216mm × 551mm × 249mm(±10mm)
重量 3.8㎏(±0.1㎏) / 付属品含まない

詳しくは取扱説明書をご参照下さい。

温熱式指圧代用器コンパクトP590の価格: 88,560円(税込)
会員ポイントを使用してお得に購入できます
ご家族で、毎月のマッサージ代などが不要になるとお考えください
各社クレジットカード会社の分割払いにも対応しております

使用上のご注意

禁忌事項について

1.医師からマッサージを禁じられている人
2.次の人は医師に相談してください。
ア.ペースメーカーなど電磁障害の受けやすい体内埋め込み型医療用電気機を使用している
イ.悪性腫瘍がある
ウ.心臓に障害がある
エ.温度感覚喪失が認められる
オ.妊娠初期の不安定期又は出産直後
カ.糖尿病などによる高度な抹消循環障害からくる知覚障害がある
キ.皮膚に創傷がある
ク.安静を必要とする
ケ.有熱期で炎症症状が強い
コ.骨粗鬆症、脊椎骨折、脊椎の異常、脊椎が左右に曲がっている
サ.医療機関で治療中


温熱式指圧代用器コンパクトP590の専用の局部用スペシャルマット

温熱式指圧代用器コンパクトP590に付属の3球導子をスペシャルマット中央部にはめ込んで下半身局部を温めることが出来ます。前立腺肥大、痔、一部の婦人病などは温める以外の有効な治療法がないと言われています。ぜひ、お試しください。
温熱式指圧代用器コンパクトP590の専用オプション製品になります。

温熱式指圧代用器コンパクトP590専用 局部用スペシャルマット

温熱式指圧代用器コンパクトP590専用
 局部用スペシャルマット

温熱式指圧代用器とP590と局部用スペシャルマット

局部用スペシャルマットの価格:8,640円(税込)
リテポイントを使用してお得に購入できます
こちらは温熱式指圧代用器コンパクトP590とは別売となります
各社クレジットカード会社の分割払いにも対応しております

製品仕様

寸法 高さ60mm × 幅400mm × 縦460mm

ヘルスリテの三箇条

薬を控え目に、おからだにやさしく効く東洋医学的な物理療法を最大限に

20年後も健康であるために、今からセルフケア精神を発揮しましょう

今のお体に対するケアが20年後の健康状態を左右することが医学的にわかっています

かけがえのない、一生のパートナー、いとおしいお体の細胞ひとつ一つをおいたわり下さい

小さな小さな細胞のひとつ一つが食物を分解して得た水素と呼吸で得た酸素を化学反応させてエネルギーを作り生命を維持しています。

日頃の養生に心がけ自分自身が不調や病気を治したり、健康を維持する主治医であるとの

自覚を持ってください。不調や病気は本人が治すもの、本人の治る力を引き出すのが医学です。

トップページに戻る