シェンペクス高濃度酸素サーバー レンタルのご案内

レンタルの詳細

  1. レンタル期間は1年毎の更新です。※途中で購入に切り替え可能です。
  2. レンタル料金は毎月9,680円(税込)消耗品、交換部品は不要です。
  3. みんなでシェアすればお得に使えます。親せき、ご友人とシェアすればコストは抑えられます。例えば、4人でシェアすれば1人あたり月々2,420円です。
    ※マイマスクは別売りで990円(税込)となります。
  4. 法人様(福利厚生用)は15,400円(税込)です。

お試しについて

  1. 「45日間の無料お試し」をお申し込み
    ※沖縄並びに周辺離島についてですが、多額の配送、回収費用が掛かるため現時点では、無料お試し及びレンタルのサービスを開始しておりません。悪しからずご了承ください。
  2. ご希望日にご自宅へ配送。
    ※梱包箱は保管してください。返送の際に使います。
  3. お試し期間終了頃に、弊社が回収。配送費用は全て弊社で負担いたします。
  4. コンセントを挿し、マスクを本体に接続して、スイッチを入れるだけで簡単にご使用可能です。

無料お試し申し込みはこちらから


酸素は生命の源です

酸素がなければヒトは数分で死にます。死なないまでも不足した状態が続けば、脳や組織細胞は低酸素になり、臓器の機能が低下、炎症を起こします。その中でも特に酸素消費量の多い脳や心筋、肺、胃腸、全身の筋肉に症状が現れます。具体的には下記の通りです。

頭痛、頭重、めまい、耳鳴り、注意力・集中力低下、眠気、記銘力低下、動悸、胸痛、息切れ、食欲不振、下痢、便秘、生理不順、疲労、倦怠、肩こり,浮腫(リンパ液循環に障害が起こると組織内に水分が異常に貯留した状態となる)

貧血により酸素を運ぶヘモグロビンが1~2割減少しただけで問題となります。多くの場合、薬でこれらの症状を緩和しますが、酸素不足という根本的な原因を解消されません。

これらの症状が出るのは全身(脳、心臓をはじめ各内臓、神経、皮膚、骨など)の35~37兆個と言われる細胞が酸素不足、エネルギー不足になるので当然のことです。
酸素不足には各種の薬ではなく「酸素を充足」すべきなのです。

しかし、病院では酸素不足に関与しません。

測定項目pc

測定項目mb

高濃度酸素吸引はヘモグロビンの酸素運搬に頼らず、血液に溶け込む「溶解型酸素を3倍以上」にしますのでヘモグロビンの少ない(鉄分不足)貧血にも効果があります。
(shinpix高濃度酸素サーバーと専用のマスク使用の試算です。)

高濃度酸素を吸う理由

水が高いところから低いところに流れるように酸素も濃度が高い(酸素分圧が高い)ところから濃度の低い(酸素分圧が低い)ところに流れます。酸素不足状態では濃度90%(肺では大気と混合し50%くらいになる)くらいの酸素を毎分5リットル程度吸う必要があります。
※mmHgは酸素分圧を示しています。通常の呼吸時の体内の酸素分圧の変化です。

ポイント酸素吸引と活性酸素について

誤解だらけの活性酸素ですが、活性酸素は免疫の主役です。新型コロナウイルスをはじめ感染症に対し白血球は活性酸素を使いウイルスを叩きます。

日々、発生するがん細胞ですが、細胞のエネルギー産生の結果発生する活性酸素が、がんの増殖を抑えています。がん細胞は酸素と活性酸素があるところでは増殖できません。酸素不足による低酸素状態では増殖します。酸素嫌いのがん細胞は糖分をエネルギーに生きています。

「活性酸素が悪い」とか「酸化ストレス」というのは必要以上に活性酸素が作用する状態です。活性酸素の働きのバランスをコントロールできない状態です。活性酸素が悪いというのではなく、このバランスが取れるようにすることが大事です。そのためには先ず酸素不足を解消することです。

ポイント新型コロナ後遺症の息切れ、倦怠感について

弊社がご紹介している高濃度酸素吸引は、「後遺症を治す」ということではありません。
医療でも原因不明とされている後遺症ですが65歳以上の方で「30%の方が息切れ」「40%の方が倦怠感」で悩んでいるとするデータがあります。これらは一般的な周知の事実と照して酸欠に起因していると思われます。日常生活の質を改善するセルフケアとして継続的な高濃度酸素の吸引をご提案します。

ポイントがん療養のセルフケアについて

セルフケアは、例えば肝臓の悪い人がお酒を控える、肺がんの人がタバコを止める、術後のリハビリで散歩をするなど周知の根拠ある事実等に基づいて自己の判断で行う行動です。

がんと酸素については、
①がん細胞は酸素を嫌い低酸素環境で増殖する
②多くの抗がん剤は活性酸素(酸素が変化したもの)を利用してがん細胞を叩いている。
③がん治療で影響を受けた通常細胞の活性化にはエネルギーが必要で細胞内のミトコンドリアがATPという細胞のためのエネルギーを産生するために酸素が必要なのは生物学的周知の事実です。
弊社がご提案するのは、「がん治療」のアドバイスという医療的行為ではなく、治療を受けている方が生活の質を向上するため、セルフケアとしての継続的高濃度酸素吸引です。

ポイント酸欠は糖尿病リスクを高めます

膵臓でインスリンを作るのがベータ細胞です。ベータ細胞以外にインスリンを作る細胞はありません。この大事な膵臓のベータ細胞は膵臓全体のわずか1%しかなく、しかも低酸素に非常に弱く死滅しやすい一面を持っています。糖質の摂りすぎや内臓脂肪はベータ細胞に負荷をかけ、酸欠はベータ細胞を死滅させるというわけです。現在の日本で糖尿病(300万人)とその予備軍(2,000万人)が増加している理由のひとつがここにあります。

おろそかにできない無呼吸症候群など、酸欠解消で生活の質は向上します

貧血は赤血球が減少したり、何らかの理由で血流が悪くなることで起こります。その結果、脳や臓器をはじめ全身が酸欠になります。貧血に限らず酸素不足になる病的原因はいろいろとあります。病的原因は高濃度酸素吸引で治るものではありませんが、セルフケアとしての高濃度酸素吸引で酸欠状態を改善し生活の質を改善することが可能です。

効果的な酸素濃縮器の条件

  1. 酸素濃縮能力が毎分5リットル程度あり、その濃度が90%くらいあること。
  2. 正しい吸い方をできるマスクが付属している。ノズルのような物では全くダメです。
  3. 濃縮、生成した時点で濃度が90%の酸素も吸う時点では大気と混ざり半分程度の濃度になります。仮に生成時に40%濃度の酸素では吸う時点では大気と混ざり酸素濃度は大気(濃度21%)と変わらなくなります。仮に90%濃度の酸素でも流量が少なければ大気並みに薄まります。

酸素濃縮器はネットで多くの種類が販売されています。しかし、すべてが医学的に効果的な濃縮器とは限りません。全ての酸素濃縮器は空気中に21%の濃度で存在する酸素を濃縮して高濃度酸素を生成します。

シェンペクス高濃度酸素サーバーの能力

非医療機器ですが医療機器のJIS基準に準じた能力で濃縮。生成時点の酸素濃度は98%、流量は最大で毎分10リットル程度ですが、この流量の時の濃度は80%前後。カタログには推奨使用流量5リットル濃度で90%と表示しています。さらに吸気(酸素)と呼気(二酸化炭素を含む)が混ざらない特別設計の酸素マスクを使用します。
※医療機器並みの能力確保のため大きなコンプレッサーを搭載しております。その分、少しうるさい程度の運転音が出ます。

高濃度酸素について直接お話を聞きたい方は、電位&高濃度酸素体験ラーニングセンターへお越しください。

電位&高濃度酸素体験ラーニングセンターご予約ページ

無料お試し申し込みはこちらから